【挑戦記録】PIXTAのセミナーに参加してみたよ【第二回】

ストックイラスト挑戦記録

こんにちは、北川です。

PIXTAさんで3/18、3/19で開催された無料オンラインセミナーの3/19の方に参加してきました。

(内容自体は両日一緒だそうです)

 

レポというかメモというか…そんなやつです…!

はじめてのオンラインセミナーのドキドキ

こういったセミナーそのものも初めてだったんですが、今回さらにオンラインセミナーということで、いろんなはじめてを経験しました。

 

会場にいかなくても移動なし、顔出し無しで参加できるのはコミュ障にはとてもありがたく、セミナーで利用したZoomもはじめて使用しましたがなかなかこれが色々使えそう…。

 

そして無料というとってもありがたい条件でのセミナーでしたがそれでもなんだか緊張しており、メモを用意しながら待機中もずっとドキドキしておりました。

 

スポンサーリンク

 

あっという間のセミナー

時間になるとセミナーが始まり、挨拶・質問はチャットで行います。

なんだこれめっちゃ便利だぞ……。

 

基本的なお話

今回のセミナーは初心者向け、ということで

  • ストックイラストの購入層、利用用途
  • 参考資料の探し方
  • ストック系のビジネスの形
  • 素材にはそれぞれピークがある

 

という基本的なことから、グラフなどのデータも交えてお話をしてくださいました。

どこまで書いていいかわからないので詳しくは書きませんが、ここまでのお話の中では

「ビッグテーマでも新規参入のチャンスは常にある、続けることが大事」ということが心によく残っています。

 

続けることは当たり前ですが、描いている人が多いテーマでも新規でも売れるよ、というのはこの先の希望として大きいですね。

 

ストックイラスト製作についてのお話

こちらも当たり前のことのようで、出来ていないことも多い大事なことを教わることができました。

 

イラストを製作する際にはまず「わかりやすく」製作することが大事。

自分でも何に使用するかわからないようなものは相手だってわからない。

 

当然といえば当然なのですが、なんとなくでペンを動かしてしまう時もあるのでちゃんと目的を決めて描いた方がよさそうですね。

 

また、悩みやすいタグの付け方についてもお聞きすることができました。

こちらも共通して「わかりやすいこと」があり、「検索しやすいこと」も大事なことになります。

 

ちなみに検索をする際、PIXTAでは「ベクター」「イラスト」「写真」などの絞り込み機能があるのですが、これを使用せずに「〇〇 イラスト ベクター」と検索する人も多いため該当の作品は「イラスト」「ベクター」は入れておく方が確実に良いとのことです。

 

何を描いたらいいのか悩んだ時の話

はじめたての時や、迷走している時(?)など何を描いたらいいか悩んだ時などは需要が大きいテーマに挑むのがいい、とのお話。

 

これは自分の作品のクオリティやタグ付けが問題か、それともテーマが問題かの分析をわかりやすくするためでもあるとのこと。

 

ニッチなテーマは確かにライバルが少ないですが作品の質を上げる上ではやっぱり自分の状況を見る必要もでてきますね…。なるほどなるほど…。

 

そして一番最初に言われたことでもありますが、ビッグテーマだからといって売れないわけではなく、過去の素材にもそれぞれピークが存在するためライバルが多くても売れる可能性はおおいにあるようです。

 

質疑応答

セミナーは45分程度だったのですが、あっという間に時が流れ最後に質疑応答コーナーもありました。ありがたい。しかし皆さんチャットが早い…!

 

これもまたどこまで言っていいのか~な部分があったり、クリエイターさんごとに「それはこっちの方が…」という部分もあるようなので初心者モチベに繋がりそうな部分をこっそり抜粋。

 

・作品アップロードはバラで登録とまとめて登録どっちがおすすめか

→モチベが続けばどっちでもいいよ!同じシリーズはまとめて登録したほうがいい

 

・タイトルはPIXTAの検索に影響する?

→しない。けど他の検索エンジンに影響する可能性はあるのでちゃんと書く

 

・アナログ需要はある?

→ある。手書きや水彩とかもうめっちゃある。

 

・「ねこ ネコ 猫」のようなタグ付けは意味ある?

→検索に差は一応出る。ただし付けられるタグは50までなので無理にすべてを入れる必要はない。

 

まとめ

ということでざっくりとPIXTAオンラインセミナー参加してみたよというお話でした。

めちゃくちゃ簡単に言うと「購入者視点での目線も獲得して、継続していくことが大事。新規参入でも問題は全くない」という感じ。

 

もちろんこの記事で書いた事がすべてではなく、むしろこれですら一部にしか過ぎないメモです。

よろしければまた(有料になってもいいので)開催してください…という要望も低姿勢で提出したので参加したいけど出来なかったという方はもしまた次回開催されたら参加してみてください…!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました